画家のノート「四月と十月」(年2回刊行の同人誌)
       
       
ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる

 

2018年1月20日(土)〜4月8日(日)[休館月曜日※ただし2月12日は開館し、翌13日休館]

世田谷文学館2階展示室  [アクセス詳細情報はこちら]

一般=800(640)円
65歳以上、高校・大学生=600(480)円
障害者手帳をお持ちの方=400(320)円
中学生以下無料

 

大型作品を含む絵画や立体、代表作の絵本原画など、

150点以上の作品に最新作を加えて構成し、

画家として、絵本作家として、日々創作をつづけるミロコマチコの、“今”を切り取ります。

ダイナミックな、ライブ感あふれる展示をお楽しみください。

 

関連企画

2月3日 いきものの音がきこえる ワークショップ(小学生対象、事前申込制)>詳細
2月10日 はえろはえろ いきものの毛 ワークショップ(小学生対象、事前申込制)>詳細
2月3日・10日 ミロコマチコ サイン会>詳細
3月3日・4日 古書トムズボックス>詳細
3月24日 ライブペインティング(チケット前売制)>詳細

 

 

加藤休ミ クレヨン画展 2018

 

加藤休ミ クレヨン画展 2018

2018年 1月11日(木)〜1月29日(月)

*火曜・水曜休み open:12時〜20時


加藤休ミのエキセントリックな世界の年初めの展覧会。
1月新刊予定『おいしい魚図鑑』(晶文社)の魚料理の原画も多数展示いたします。

◎毎週土曜 は えほんラジオ!
詳細は追ってお知らせします。お楽しみに!


加藤休ミ
昭和51年生  北海道出身
クレヨンとクレパスで描きます。
お話を考えながらノスタルジーで滑稽な絵を描いてます。
食べ物はとてもリアルに描けます。
子供たちとクレヨンを使ったワークショップもやってます。
加藤休ミのクレヨン画室

「四月と十月文庫をおおいに語る」牧野伊三夫×遠藤哲夫

 

『仕事場訪問』(港の人・四月と十月文庫)刊行記念


「四月と十月文庫をおおいに語る」牧野伊三夫×遠藤哲夫

 

2018年1月14日15:00〜17:00 (14:30開場)

会場 本屋B&B 東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

※新店舗での開催となります。

入場料  1500yen + 1 drink order

 

四月と十月文庫のこれまでのラインナップを振り返りつつ、

絵や写真による表現、文章による表現、冊子や書籍の表現について

おおいに語り合っていただきます。

 

イベントの詳細はこちら▼

牧野伊三夫展 HB no.16

 

12/22(金)→ 12/27(水)

牧野伊三夫展 HB no.16

11:00am〜7:00pm(最終日のみ5:00pmまで)

Opening Party 12/22(金) 18:00~20:00

会場 HBギャラリー

 

のぼりたての太陽をみて目をつむると 
瞼の内側に赤や黄、青など色々な光がうろうろする。

もっとも体に近い絵。 

 

近著 四月と十月文庫8『仕事場訪問』、 『雲のうえ』27号、『飛騨歳時記』歴 

 

 

ミロコマチコ個展『からだうみ』

 

ミロコマチコ個展「からだうみ」

開催日時:2017年12月8日(金)〜2018年12月17日(日)
開館時間:13:00〜19:00
開催場所:NO.12 GALLERY 東京都渋谷区上原2-29-13(アクセス)

 

体の中でうごめいているもの。
ゴホゴホ、ひしめいて、ブクリブクリ、揺れて、響き合う。
まるで海みたいに。

 

展覧会情報はこちら▼

 

ミロコマチコ「いきものたちの音がきこえる」

 

長崎県美術館「ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる」

 

2017年11月11日(土) 〜 2018年01月08日(月・祝)

10:00〜20:00
2018年1月2日,3日は18:00まで(最終入場は閉館30分前)

 

初期作から最新作まで約250点を紹介する初の全国巡回展。

図録には牧野さんからの言葉もよせてもらっています。

 

展覧会情報はこちら▼

 

四月と十月文庫8「仕事場訪問」牧野伊三夫 著

 

四月と十月文庫8「仕事場訪問」 2017年10月港の人 出版 1,500円

 

美術同人誌『四月と十月』に連載された人気のシリーズ。

画家牧野伊三夫が強い魅力を感じ関心を抱いているアーティストなどの仕事場を訪問し、

その生き方、芸術の心や手法についてじっくりと聞き書きした、

たいへん貴重な記録となっている。

 

◎本書に登場する人物(敬称略)

木村希八(版画刷り師)

葛西薫(アートディレクター)

山本作兵衛(炭鉱の記録画家)

立花文穂(アーティスト)

橋本兵蔵(月光荘画材店創業者)

鈴木安一郎(アーティスト)

福田尚代(アーティスト)

福間貴士(湯町窯陶芸家)

田口順二(画家)

 

芸術や独自の仕事を模索しながら打ち込もうとする若い世代を応援するメッセージや内容を誇り、

元気の出る美術エッセイ集。

牧野伊三夫の初の画文集『僕は、太陽をのむ』(第6弾)につづく、牧野伊三夫の2作目!

 

牧野伊三夫展と月光荘まつり

月光荘画材店百周年記念行事  2017年

 

11月10日(金)-19日(日)

牧野伊三夫展

 

11月12日(日) 月光荘まつり

◎音楽と絵の即興コラボレーション 青木隼人 牧野伊三夫

◎トーク「月光荘画材店の百年」二代目 日比ななせ×三代目 日比康造

◎月光演奏会 森ゆに 田辺玄

 

詳細は月光荘へ 03-3572-5605  ホームページ

 

 

加藤休ミ クレヨン画展『Allora,buon viaggio!』巡回展

2017 11/18.土〜11/26.日

加藤休ミ クレヨン画展『Allora,buon viaggio!』巡回展
11:00-19:00 (会期中無休)

QuantumGallery&Studio(クァンタムギャラリー&スタジオ)

東急東横線「都立大学駅」より徒歩1分

 

● 11/22(水)18:00~
『スナック クレヨン』 開催

休ミママのスナックオープン! どなた様もお気軽にご参加ください。

 

buon viaggio!〜『よい旅を!』
10月の展示からの 旅のつづきします。
新しい旅の絵も描き下ろします。
私の妄想の旅がとまらないのです。

 

10月に吉祥寺で開催された『Allora,buon viaggio!』の巡回展を開催します。
新たに描き下ろした旅の絵も追加して、さらに世界は広がります。

ぜひご覧ください。

 

名古屋エビスキー 牧野伊三夫展

詳細はこちらをご覧ください ▼

 

| 1/7 | >>