画家のノート「四月と十月」(年2回刊行の同人誌)
       
       
山杉夫 個展「東京三十六景 PART.1- PART.2」

 

 

東京を歩いて見つけた風景36点を展示します。

OPAギャラリーと山陽堂ギャラリーにて同時開催です。


当初は名所や有名な建築物ばかりを描くつもりでしたが、
その途中で立ち寄った喫茶店、通りすがりの坂道などに惹かれ
気づけば、そんな絵日記のような36枚となりました。

 

山杉夫個展「東京三十六景 PART.1」
2019年6月21日(金)ー 6月26日(水) OPA gallery

 

山杉夫個展「東京三十六景 PART.2」
2019年6月21日(金)ー 7月3日(水) ギャラリー山陽堂

平日 11−19時 / 土曜 11−17時 / 日曜定休

 

 

ミロコマチコ個展「金色はヤドカリの音」

 

ミロコマチコ個展「金色はヤドカリの音」

 

2019年6月11日(火)〜6月17日(月)
12:00〜19:00 会期中無休*16日(日)〜17:00

 

トライギャラリー おちゃのみず
101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-5 Tel:03-3291-5811 MAP

 

好宮佐知子

流れる風景(6月) 水彩ガッシュ、白亜地、寒冷紗、パネル
610×727mm 2019年

 

さんしんギャラリー 善 (静岡県JR三島駅 徒歩8分) 詳細▼

 

日々目にした光景を記憶に留め、
その記憶を頼りに描いている

 

穏やかな感性で描く世界が魅力の好宮佐知子の作品展を開催します。

表面的には透明感のある色調でありながら、

幾重にも重なる色のハーモニーが美しい水彩画。

現代的な配色を生かして描いた壁画など、光と影を巧みに操る独自の世界を確立しています。

 

好宮佐知子 プロフィールはこちら▼

白石ちえこ写真展 島影 5月9日(木) -25日(土)

 

ギャラリー冬青 map ▼ 

2019年5月9日(木) - 5月25日(土) 日曜・月曜・祝日休廊
11:00〜19:00

クロージングパーティー5月24日19時〜 

 

「島影」

 

うさぎ島、猿島、イルカ島など、日本には動物の名のつく島がある。
そんな名前に出会うと、ついふらふらと旅に出たくなる。

物心がついた頃、ペンギン島に行ったという曖昧な記憶があるのだが、
島へ行く道すがらに見かけた風景はぼんやりとしかよみがえらず、
現実離れした絵の中の風景のようでもある。

船上から眺める島影はかすみ、波間にゆらめき、見え隠れしていた。
遠くに近くに見えながら、なかなかたどりつくことができない。
記憶の中で小さなシグナルを出すペンギン島は、まぼろし島である。
その島影は、仄暗い記憶の底にゆらゆらと漂っている。

 

 

 

 

瓜生美雪個展「そのむこう」5月1日(水)〜30日(木)

 

会場までのアクセス 北洋の館

 

展覧会の詳細情報はこちら 瓜生美雪twitter

 

 

Another day in the park / 好宮佐知子 出展

 

2019/4/20(土)− 5/5(日) Gallery惺SATORU

12:00 − 19:00 最終日17:00迄  月、火休廊

オープニングレセプション 4/20(土)17:00 − 19:00

鑑賞ワークショップ「ギャラリーでタイムトリップ!」5/4(土)19:30-21:30

                         *要予約(Workshopより)

岡田浩志 佐藤春菜 常田泰由 藤田修 好宮佐知子(四月と十月同人)

 

 

 

 

 

日雇い絵描きの愉しみ / 牧野伊三夫 日刊ゲンダイコラム

今は亡き友人鈴木るみこさんの思い出を共有する「クヌギ」

 

るみこさんのこと、新聞の連載コラムに書きました。

よかったら読んでください。

牧野伊三夫

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/246475

 

 

 

 

 

ミロコマチコ個展「 貝殻は金色のにおい 」

すごく小さいと思ったら、とてつもなく大きい。

 

ほんのちょっとと思ったら、あまりにもたくさん。

すべてを開いてみると、無数のうごめき。

 

開催日時:3月11日(金)〜3月23日(土)
開館時間:11:00〜19:00
*定休日:日曜日 土曜日は17:00まで
開催場所:Pinpoint Gallery 東京都港区南青山5−10−1 二葉ビルB1F

 

 

写真家 堀内孝 と 画家 牧野伊三夫によるマダガスカル展

 

今年二月に刊行された写真絵本『青い海をかけるカヌー マダガスカルのヴェズのくらし』(月刊「たくさんのふしぎ」福音館書店)の刊行を記念して、三十年間アフリカ東岸のモザンビーク海峡に浮かぶ島国、マダカスカルを撮り続ける写真家 堀内孝と友人の画家牧野伊三夫の展覧会とスライドトークを行います。
トークでは青木隼人のヴァリーハ演奏あり。

 

 

森岡書店:アクセス
会期 2019年3月26日(火)-31日(日)    13-20時
スライドトーク 3月29日(金)19時/18時半開場 入場料1500円(お申込:03-3535-5020森岡書店)

 

 

OPEN&STOW -絵巻- 好宮佐知子

開いてみるアート・しまうアートII OPEN&STOW -絵巻-

 

 

2019/2/23(土)− 3/10(日)

12:00 − 19:00 月、火休廊

Gallery惺SATORU

 

赤木仁 菊池絵子 黒須信雄 島田北斗 平埜佐絵子 本田和博 好宮佐知子 渡辺伸

 

オープニングレセプション 2/23(土)17:00 − 19:00

鑑賞ワークショップ 3/9(土) 19:30–21:30  *Workshopよりお申込ください。

 「ストーリーを見つけよう−自分流で楽しむ絵巻の絵解き−」

| 1/8 | >>