画家のノート「四月と十月」(年2回刊行の同人誌)
       
       
牧野伊三夫展 「足立山といのしし」どうしてアダチサンという名前になったの?

 

2017年8月11日(金・祝)-15日(火) 11:00-16:00 最終日15:00まで

北九州市子育てふれあい交流プラザ 元気の森 入場無料

▼ 展覧会チラシ(pdf)

 

 

牧野伊三夫展

「足立山といのしし」どうしてアダチサンという名前になったの?

 

「足立の妙見さん」の呼び名で親しまれている妙見宮(小倉北区)には和気清麻呂公と猪にまつわる言い伝えがあり、足立山の名前の由来もなんと清麻呂公と関係していると伝えられています。この伝説をとおして、小さな子どもたちが自分の住むまちを、歴史、動物や自然に親しみ、好きになってほし!…と当イベントを企画しました。

この夏、きっと足立山が好きになる伝説を元気のもりで<体験>してください。

 

足立山壁画

画家・牧野伊三夫の描き下ろし! 

足立山に伝わる和気清麻呂公の伝説をもとにした巨大壁画が登場。

 

山の日に、足立山の、いのししモビールを作ろう!

8月11日(金・祝)13:30-14:10

講師:よしいいくえ 

参加費:100円(おみやげ付き)

対象:4歳から就学前の子どもとその保護者

定員:15組

申し込み:当日会場にお越しください。

<子どものための足立山の由来がわかる紙芝居> 牧野伊三夫

 

だれでも参加できる工作教室を毎日開催

8月12日(土)-15日(火) 11:00-

参加費:100円

定員:毎日30組

申し込み:当日会場にお越しください

 

<< NEW | TOP | OLD>>