画家のノート「四月と十月」(年2回刊行の同人誌)
       
       
四月と十月文庫8「仕事場訪問」牧野伊三夫 著

 

四月と十月文庫8「仕事場訪問」 2017年10月港の人 出版 1,500円

 

美術同人誌『四月と十月』に連載された人気のシリーズ。

画家牧野伊三夫が強い魅力を感じ関心を抱いているアーティストなどの仕事場を訪問し、

その生き方、芸術の心や手法についてじっくりと聞き書きした、

たいへん貴重な記録となっている。

 

◎本書に登場する人物(敬称略)

木村希八(版画刷り師)

葛西薫(アートディレクター)

山本作兵衛(炭鉱の記録画家)

立花文穂(アーティスト)

橋本兵蔵(月光荘画材店創業者)

鈴木安一郎(アーティスト)

福田尚代(アーティスト)

福間貴士(湯町窯陶芸家)

田口順二(画家)

 

芸術や独自の仕事を模索しながら打ち込もうとする若い世代を応援するメッセージや内容を誇り、

元気の出る美術エッセイ集。

牧野伊三夫の初の画文集『僕は、太陽をのむ』(第6弾)につづく、牧野伊三夫の2作目!

 

<< NEW | TOP | OLD>>